ひまわりの先に 3つの"しこう"(不協和音)5
fc2ブログ

3つの"しこう"(不協和音)5

『3つの"しこう"(不協和音)5_C.side』












圧倒的先生不足!!!!

翌日には逢えるだろうと思っていたのが甘かった・・
あの日から結局タイミングが合わず、ずっと擦れ違ってしまっている

僕も先生も仕事だから多少は仕方ないとは思うけど
ここ一週間で逢えたのは数日前の数秒
それも、僕が寝坊して遅刻寸前で出勤する時に
先生が丁度お店から帰ってきた、あの数秒だけ

一緒に住んでいるのに、その数秒だけって・・
忙しいからだと頭では分かっているけど、さすがに逢えな過ぎて
ちょっと避けられてるんじゃないか?って
悪い方に思考が傾いてしまう

数日前の
僕と玄関で鉢合わせたその時・・
先生は余程ビックリしたのか、少し眉間に皺を寄せながら
目を見開いていた

一瞬、機嫌が悪いのか?と感じたが
その後直ぐに、いつも通りの先生だったから気のせいだと思った

けれど

それからも先生とは擦れ違いの生活が続いてて、全然逢えないってのに
求めていないサランさんとは会っていて
会う度に「運命だ」とか「付き合いたい」と、しつこくて
それがまた余計に僕を凹ませた

お店も執筆もしている先生に

『逢いたいから時間を作って欲しい』

なんて我儘
とっくに成人したいい年の大人が何言ってんだ?って
さすがの先生でも呆れそうで、言えない

だから今だけだ・・と我慢していたけど
それも、もう限界
電話やメール、LINEとかじゃなくて
直接先生に逢って、この目で見て、話して、触れたい

それに全く逢えてないって事は、要するに、シてないどころか
キスすらしてなくて、あの手にだって触れられていないって事だ!!!!

・・ん?
ってか、あれ??
そうは言っても、僕が寝てる時に帰ってきたりしてるっぽいんだけど・・
あの先生が、寝てる僕に何もしてこないとか・・・・・
・・・・・・・・・あれ?ちょっと、おかしくないか?

・・・・・・・え?
・・・・・・・・・・・・・・・あれ?もしかして・・僕


飽きられた?


避けられてる?


『どんな好きな事でも人でも、飽きる事も嫌になる事もある』
『急激に好きになった物程、冷めやすい』
『人の気持ちは元々移りやすいもの』

チェ先生の言葉が蘇って
思考は、どんどんと悪い方へ墜ちて行きそうになっていた

けれど

そんな事ない、ハズ
きっと気のせいだ、こんな風に酷く不安になるのは
先生不足が起因しているからだ!と、そう自分にい行かせて


「今日は、なにがなんでも絶対!!残業しない!!」


皆に宣言して、いつも以上に仕事に集中して宣言通りに
仕事を終わらせ「お疲れ様です」と
逃げるように、誰かに捕まらないようフロアを出ながら
先生に「ドコにいますか?」と連絡を入れエレベーターに乗り込んだ

エレベーターを降りると丁度、ポロ~ン♪とスマホが鳴り
『店にいるよ』と返事が着て直ぐに
『直ぐ行きます』とLINEを返し急ぎ足で会社を出た

久しぶりにやっと先生に逢えると、思うと
ちょっと浮かれニヤつき、自分でもヤバイ顔になってる事を自覚しながら
店に向かった



ここ最近お店忙しそうだし一緒には帰れないだろうけど
顔が見れて、ちょっとでも話せればいいと
ウキウキしながら歩き、店の入り口の階段を降りようとした所で


「ちょ、ちょっと待って!」


突然呼び止められた、その声に

なんで?!どうして?!!

と驚得しつつ、若干イラッとしながら振り返り思わず怪評な顔で見てしまったが
そんなのこれっぽっちも気にしていないサランさんが
走り寄り、少し息を切らしならが僕の服をちょこんと掴んだ


「ハァハァ...やっぱりチャンミンさんだった♪」


嬉しそうに顔を上げたサランさんから少し視線を逸らし小さく溜息を吐いた


「駅で、偶然見かけたから、追いかけてきちゃった♪」

「・・・偶然?ホントに?」


いくらなんでも、そんなに何度も偶然が重なるとは思えず
疑うように見据え聞き返した


「偶然じゃないって、思ってます」

「 ええ、まあ」

「ふふふっ、じゃあこれは必然で、やっぱり運命だって事ですね」ニッコリ


はあ?!

そういう事を言ってんじゃねーっての!!
ったく、呆れるぐらいポジティブだな・・・
まぁ、それだけ自分に自信があるんだろうけど

そう思いながら見下ろしたサランさんの姿に、またも先生がダブって見えた
その瞬間、ドキッと胸が高鳴り
思わず顔を逸らすと、腕を抱え込む様に掴まれ
掴まれた腕に柔らかい胸の感触が ///

正直、先生と出逢うまでは異性が対象で、たぶん先生と出逢ってなければ
サランさんはドンピシャ、ドストライクで、それにその感触だって悪くない

無いよりあった方が好みだったし
こんな風にグイグイこられたら、きっと付き合っていたんじゃないかと想像に容易い

が、だからと言って、その気は全くないし
運命だと言われ笑顔を向けられても、ただただ困るだけだ

ただ、ここで厄介なのが、サランさんがチェ先生の妹だって事と
その顔が先生にどことなく似ているって事だ

自分なりに、サランさんの気持ちには応えられないと伝えているつもりなんだが
・・・まぁ、今のこの状況からしても伝わってないってないのは明白で
かと言って、あまり強く言って傷つけたりしたら、仕事に何かしら影響もありそうだし
それに、先生に似た顔で悲しげな顔とかされたりしたら、と想像するだけで心が痛んだ

はぁぁぁぁ....参った・・・ 詰んだなこれ

コニコと笑顔を向けたまま、僕の腕を掴んでいるその手から
腕を抜いて一歩離れ距離をとったつもりだったんだけど
すかさず手を掴まれてしまった


「はぁ...あの前にも言いましたけど僕、付き合ってる人がい・・」

「分ってます」

被せる様に、喰い気味で話を遮られた


「チャンミンさんに恋人がいるのは知ってます」

「だったら・・・」

「頭では分ってるんですよ?無理だって・・・けど、それでも好きで、どうしても諦められないんです」


僕を見上げたその顔は悲しげな笑顔で
案の定、先生の姿がダブって、チクリと罪悪感が胸を突いた

・・・けど、それでもやっぱり
掴まれた手を、すみませんと言いながら外した


「好きでいたら、ダメですか?」


う゛っ・・・

悲しげに潤んだ瞳で言われ


「私の事 嫌いですか?」


う゛うっ...

先生に似たその顔が、傷付き表情を暑らせ、嫌いか?と問われたら・・
別人だと分っていても罪悪感で直視出来なかった
それに、迷惑ではあるが嫌ってるってワケでもないから


「あー いや.その嫌いとか、そういうワケじゃ・・ 」


困りながら返事をして、 チラッと視線を向けると

?!!


「良かった♪嫌いじゃないなら、まだチャンスがあるって事ですよね」


え?!ち、違っ!!!


「好きになってもらえるように頑張りますから♪」


さっきまでの表情とは打って変わって
サランさんは、またいつものように、満面の笑みでニッコリと微笑んで、見上げていた

メンタル強っ!!


「あ、あの!サランさん?! ちゃんと僕の話聞いてましたか?」

「はい♪」ニコッ

「あのですね、何度も言ってますけど、チャンスなんか無いですから」

「けど、私の事、嫌いじゃないんでしょ?」

「そ、それは人としてって事で」

「だったら!可能性は"0"じゃないでしょ♪」ニッコリ


その前向きな性格もハッキリと物を言うのも嫌いじゃないが
こういうのは、暖味にしたら面倒な事になり兼ねない、だから


「いえ、可能性は"0"です」


キッパリと今度は目を逸らさずに真っ直ぐに見据え、強めに伝えると
サランさんもジッと僕を見上げ見据えていた

これで伝わらなかったら、どうしたらいい?
なんて言えば分ってもらえる?


「・・・・・」

「・・・・・」


お互い無言のまま、腹の内を探るように見据え合っていたら


「なにしてんの?」


その声にドキーンッと胸が
好意と後ろめたさで弾んだ

べ、別になにも悪いことも。疚しい事もしてないけど、この状況はちょっと
誤解されかねないと慌てて振り向いた


「せっ・・・ユノ!あの、これは、 ち、違いますからっ!!」

「ん?なんの事?」


アーモンド形の精麗な瞳に覗き込まれ、目が合って

ああ先生だ

と認識すると
久しぶりだった所為か、もの凄くドキドキして
近いその距離に急に恥かしくなって、熱くなった顔を逸らした

サランさんに重ねて見ていた想像の先生は、やっぱり想像でしかなくて
実物はその想像を蹴散らし、消去るほどの破壊力だった

ヤバイ、ヤバイ///
どうしよう、知ってたけど、やっぱりホントにカッコいい////


「チャンミナ?」

「え?あ、いえ、その、あーえぇっと////」

「会社の人?」


どう説明したらいいか、いろんな意味でドキドキし、シドロモドロになっていたら
首を傾げ、僕の後ろのサランさんを見ていた


「え、あーいえ、そうじゃなくて」

「友達?」

「いえ!違います、そうでもなくて、その..」


ここでチェ先生の名前を出していいのか、一瞬躊躇していたら


「恋人です」


?!!?!!!

なっ!!サランさん?!!!!

いきなり何を言ってんだーーーーーーーっ!!!!!









ポチ頂けると嬉しいです☆


かなり、お久しぶりです!!!!
皆さん元気ですかーーーー?!!!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ“
やっと続きUP出来た......._(:3」∠)_
あまりコンスタントにUPは出来ないかと思いますが
まだまだこの話続きますwwwwww
気長にお待ち下さいませぇ~

そして


。.:♦♥♦:.。ᎻᎯᏢᏢᎩᏴᎥᏒᎢᏲᎠᎯᎩ ユノ。.:♦♥♦:.。
なかなか裸眼で目視する機会が無いし
相変わらず腐った話を書いてるけど←
ユノの事、トンの事、ずっと応援してます!!!
まだ油断ならない時期なので、本当に
体には気を付けて下さい!!!!
本当の本当にっ!!生れてきてくれてありがとう❤




ギリ誕生日にお話しUP出来てよかったwwwww
ユノのソロ、凄いたくさんの動画がUPされてて
凄く楽しい♪
ってか、MVが最高過ぎて好き過ぎて
堪らんのです(❤´Д`)ハァハァフンフンソウソウ❤



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR