ひまわりの先に 3つの"しこう"(その時)5
fc2ブログ

3つの"しこう"(その時)5

『3つの"しこう"(その時)5_Y.side』












チャンミナが俺に会いに店に来た日をさかいに家に帰るのを止め
本格的にホテル住まいを始め、徐々に店にも顔を出す頻度を少なくして行った

なるべく顔を合わせないよう、会わないようにした方がいい
そう思っての行動だってのに

それなのに・・・

まぁ、あの日ここでチャンミナを見た時からそんな気はしていたが


「はぁ...」


気分転換に散歩でもしようかとホテルの部屋を出て
ロビー降り立つと、ラウンジに見慣れた可愛らしい丸い後頭部が目に入った

そしてその前に座ってるのが、チャンミナが以前担当していた

チェ・ミョンウ

今は臨時で担当しているらしいが・・・チャンミナを見るその目・・・

気に入らない

以前、まだヒチョルヒョンが俺の担当でチャンミナがそいつの担当だった時に
チャンミナに告ってフラれたと聞いた事がある

その時はまだ、俺もチャンミナも、お互いの存在は知っていても出逢って居なかったから
ふ〜ん、と、どうでもいい情報として聞き流していたが・・・


「・・・」


仕事の話をしているであろう二人は、至って真面目に話をしているようだったが
長年一緒に仕事をしてて気心知れた相手だからだろう
その距離は俺の顔をヒク付かせる程に近かった

いつもみたく揶揄ように声を掛けて牽制してやろうか・・・
それとも電話して割り込んでやろうか

とポケットに手を突っ込んで考えてみたが、今の俺の状態で近づくのも話し掛けるのも
かなりリスキーで、余計な事を言いかねないし、仕事の邪魔にしかならない
それに、手を突っ込んだポケットにはスマホがなかった

あぁ部屋に忘れてきたな、と自分の忘れ物の癖に
またか、と呆れる反面、なくて良かったと、安堵する自分がいた

距離は・・・まぁ近いが仕事だ・・・そう自分を宥め
その場から立ち去り近くをブラブラしていたが
結局、何をしててもチャンミナの事を考えてしまって
気分転換になんてなりはしなかった

それでも散歩しながら辺りの人を観察をしていたら、いつの間にか
肌寒くなり、日が暮れ始めている事に気が付いた

ホテルに戻りラウンジに目を向けるらが、もうそこに二人の姿はなかった

が・・・予想通りあいつもここに泊まっているようで
その後も度々、ジムやカフェやバーやコンビニでその姿を目にしていた



そしてまたラウンジに愛らしい後頭部を見付けた

少し俯き前屈みで忙しそうにPCを打ってるその姿を、ホテルの入口から眺め愛でていた

生活も不規則で校了前にはいつも徹夜で泊まり込んで
体力的にも相当キツい仕事で、「疲れた」「しんどい」と愚痴る事はしょっちゅうだが
チャンミナはいつも楽しそうで、新刊が発売されたりすると
態々本屋に出向いて本を購入して、ホントに幸せそうに、嬉しそうに顔を緩ませていた

そんなチャンミナの幸せ

これからのチャンミナの幸せ

俺とじゃ享受出来ない幸せ

俺との幸せ

俺の幸せ

俺にとってチャンミナは唯一無二

これから先の未来を共に歩きたいと初めて思い、その姿を常に想像する相手

今すぐにでも駆け寄って、くせっ毛な髪を触りながら頭を撫で
チャンミナを堪能するように、顔を首に埋めてその匂いを吸い込みたい

じーっとチャンミナに、見入っていた視界に
例の女性が入ってきた

最初は向かい側に座っていたのに嬉しそうに微笑みながら
チャンミナの隣に移動して、腕を組もうとチャンミナに手を伸ばしていたが
あっさりと躱されると、項垂れ俯いてしまったのを見たチャンミナが慌て困った様子で声を掛けていた

泣き落としか?
そんな事したらチャンミナには逆効果なのに

と思いながら見ていると、サランさんは泣いていたワケではなく、どうやら笑っているようで
その少し揶揄った様な笑顔にチャンミナは表情を取り繕う事もせずに
迷惑そうな顔をしながら頭を抱えていた

傍から見れば、おざなりとも取れる態度だが
チャンミナそれは、相手に少なからず気を許しているからだって事を知ってる身としては
少し・・・いや、かなりくるものがある

眉間に皺が寄ったまま見つめていたチャンミナが振り返りバチンと視線が合った

その表情は一瞬だけ嬉しそうな表情をしたが、次の瞬間にはバツが悪そうなものに変化し
こっちに身体を向けたまま立ち上がるのが見えた

マズい、見つめ過ぎた
取り敢えず声を掛けられる前にその場から離れ暫く近くのカフェで時間を潰し部屋に戻ると
またも部屋に置き忘れていたスマホの画面にチャンミナからの着信とLINEが送られて来ているのが見えた

次にチャンミナの姿を、またあの彼女と一緒にいる姿を見てしまったら、もう我慢出来る気がしなかった

それにさっきの俺の態度は流石に変だと気付かれただろう


「・・・ここが、限界だな」


ふぅっと一つ深呼吸をしてスマホを手に取って

『ごめん、チャンミナ、愛してるよ』

と、LINEを送ってから電話を掛けた

PRRRRRR....PRRRRRR....
PRRRRRR...

数回のcall音の後「ユノ?!」と、少し慌て不安そうな声が聞こえた

その声を耳にしただけで
会いたい気持ちと恋しい気持ちが溢れ出し、胸が酷く苦しくなった

俺から話はあるが、先に何か言ってくるかと様子を見ていたが
チャンミナは無言のままで、何か言ってくる気配がなかった


「チャンミナ?」

「っ、なに?」


様子を窺うように名前を呼ぶと、少し声を詰まらせくぐもった声に
泣かせてしまった事に気付き、情けない自分に溜息が漏れた

けれど、話をしなきゃいけない
このままじゃチャンミナにとって不本意な付き合いになってしまうかもしれない

きっと今、チャンミナは悲しそうな顔をして
あの綺麗で大きな瞳に涙を溜めている


「ごめん、チャンミナ」


泣かせてしまったこと、傷付けてしまっていること


「そんなもの、無い!聞きたくないっ!!!」


俺のせいで不安にさせてしまっている、そう分かっていても、それでも



ここが

俺の、限界点

これ以上先は、ここを越えてしまったら、チャンミナがどんなに嫌がって、もがいても
離れようとしても、その全てを無視して俺の意のままにしてしまう

この先も俺と一緒に居るのなら、ホントにここが境界線

だからちゃんと俺と離れて冷静に考えて欲しい
そう思って暫く離れて暮らすことを提案したが、案の定、捲し立てて怒られた

こんな時でも俺は
目を真っ赤にして、眉間に皺を寄せ怒っている
そのチャンミナの顔を想像すると、堪らなくゾクッとした

いつまで離れて暮らすのか?と聞かれ


「その時が来るまで」


と返事をしたが、溜息混じりに意味が分からないと呆れられ
電話の向こうで鼻を啜る音を聞き、念の為、誤解が無いように
これは、別れ話では無いことを伝えると


「・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・・・・・」


暫く間が空いた、その反応に、あぁやっぱり勘違いしていたかと
いつものあの、呆れ困惑した様な顔を思い出していると
なぜ離れる必要があるのか?と聞かれ、素直に


「多分、ここが俺の限界なんだ」


そう言い、ホントに最後のチャンスだから、今からちゃんと考えて欲しいと伝え


ここで引き返して、元に戻って世間一般に言う"幸せな人生"を歩むか、それとも、このまま俺との未来を歩むか、どっちか選んで欲しい事
会って話をしたら、俺は俺の望む方を選ばせてしまうから電話で伝えている事
安易に答えを出さず、どちらを選んでも代償を払うのは俺よりチャンミナの方が大きい事、だからこそ、しっかり冷静に理性的に考えて後悔しない方を選んで欲しい

ここ最近ずっと考えていた事を伝え


「その時が来たら、連絡して」


そう言うと


「意固地!!意地っ張り!!頑固者!!!」


また怒らせてしまったが、そうなるのが分かっていたから
最初から謝っていた


「うん、だから、ごめん」

「分かりましたよ!!言う通りに考えて、答えが出るまで、お望み通り、連絡も、会ったりもしません!!だからそっちだって、連絡してこないで下さい!!それじゃっ!!!!!」


怒り任せに切れた電話だったが
そんな反応もチャンミナらしくて、切れたスマホの画面を眺め
電話前に送ったLINEが既読になったのを見て
安心した反面、チャンミナが自分で答えを出して欲しいと言いつつ
こんな往生際が悪いLINEを送った自分が情けなくなった

まぁで...もそれが今の俺だから、仕方ない

返事のないスマホをテーブルに置いて、ソファに凭れ掛かると
不安が胸を掠め、溜息が漏れた


「はぁ...」


望む答えがもらえるかどうか・・・

さっき話した感じだと、悪くはなさそうだったが

それは俺の主観であって、絶対ではない


想像するだけで絶望に包まれる


それでも今俺に出来ることは何もない


チャンミナが考えて答えをくれるその時まで


ただ待つしかない


凭れていた体を起こし、チャンミナに対し何も出来ないなら
不安に取り込まれ過ぎないよう、なるべくいつも通りの生活を送ろうと心掛けた


だが


全然ダメだった


俺とは昔からの付き合いで、俺を良く知る
あのヒチョルヒョンが音を上げる程に



俺は



生ける屍と化していた











ポチ頂けると喜びます♪


お久しぶりの更新〜♪
やっとチャンミンsideに追いつきましたwwwいやー長かったwwwww
さてさて、変態先生、屍になってるらしいですが
どうなりますかねーーー・・
ってか、サランさんとか馬様とか、どうすんのよ?って話←
まぁ、いつも通り行きあたりばったりなので
どうなるか、まだ未定wwwwww


ってか!!!
SP席の抽選!!!!!!
皆さんどうでした?
私は・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
安定の、全敗でしたーーーーーwwww
マジでP席も当たる気がしないし
S席すら当たんなそうなんですけど???
今回のチケ運、不安しかないwwwww
だからさーーーマジでさーーー
ドームの追加頼む_| ̄|○ il||li
参戦出来ないとか、私こそ
生ける屍になるわっっ(切実)

それにしても、まだツアー名が
発表されないのねー( ˙⌓˙ )



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR