ひまわりの先に 2人だけの時間5
fc2ブログ

2人だけの時間5

『2人だけの時間5_C.side』






ヒョンを見ると、ドキドキ、ムラムラする・・・


あの日、ヒョンと僕がお互いに嫉妬したあの日・・・・・・

楽屋に戻ろうとした時に、後ろから声をかけて来た女性・・・僕は、この顔に見覚えがあった・・・。
『ヒョンの事が好きな人』・・・一緒に仕事をしていた時から気付いていた。
挨拶だけして立ち去ろうとしたら、腕を掴まれて引き止められた。

案の定、ヒョンへのお願いだった。
呼んで来て欲しいと言われたけど、会わせない!!会わせたくない!!!!!
ヒョンは誰にも渡さない!!!って・・・だから断った。
それでも、しつこくお願いされて、何度か断ったら、終いには強引に僕の手を掴んで『紙』を握らされた。

イライラした・・・

そしたら、ヒョンが・・・会わせないように・・会って欲しくなかったのに・・・結局、会っちゃって・・
その人に笑顔で挨拶したのを見たら・・・やりきれなくて・・・

僕は、嫉妬した―――――

そんな僕達を見たヒョンに勘違いされて、詰め寄られたけど
その顔は酷く傷ついたように、今にも泣きそうで・・・
ちゃんと説明をしようとしたら・・・・キスされて・・・・・それから・・それから・・///////

僕はヒョンだけだって分かって欲しくて、ヒョンも僕だけなんだって、求められて嬉しくて
だから、全然、嫌とかは感じなくて・・・むしろ気持ち良すぎて・・・ビックリした///////

そしたらヒョンが、僕とあの人をみて嫉妬したって・・・そう言われて正直、嬉しかった。
ヒョンも僕と同じように『誰にも渡したくない』って思ってくれた事が本当に嬉しかった。

そのあと、ヒョンに『紙』を渡したけど、必要ないってトイレに流して

「俺にはチャンミナだけでいい」

だって!!!/////////////ヒョン///カッコイイ♡///



っで・・・あの日から僕は、ヒョンを見る度にドキドキとムラムラがごちゃ混ぜになっちゃって・・・
僕・・・おかしくなったのかな?
そんな事を考えながら、ヒョンのベッドでゴロゴロしてたらいつの間にか眠ってた・・・・


・・・ん?・・
・・・・・あれ?・・身体が動かない?・・・・何??
布団を捲って見てみると、後ろからガッチリと腰を掴んだ腕?・・・?・・・腕!?!
一気に覚醒した!!!
ここヒョンのベッドだ!!!!!
ドキドキと早鐘を打つ心臓の音が聞こえるんじゃないかって思いながら、そっと寝返りを打つと、
口を開けて寝ているヒョンの顔が間近にあった。
ドキドキしながら、ヒョンを見ていたらいつの間にか見入っていて――――――

ヒョンまた、口開けて寝てる・・・ふふっ可愛い・・・唇の上のホクロも可愛い・・・目の下の傷も・・・
そっと、唇に、ホクロに、その傷に触れて―――キスをした

その感触がくすぐったかったのか、身じろぎをして僕からちょっと離れてしまった。
追いかけるように距離を縮めて、ヒョンにピタっとくっついて
悪戯心でヒョンの開いた口に指を入れたら・・・

赤い舌が、チロリと僕の指を舐めた・・・・その艶めかしい光景に、その感触に、

ドクリと僕自身が反応した・・・・あの日、あのトイレでの蕩けるような快感が

ぞわぞわと湧き上がってくる・・・・・・

ど、どうしよう・・・・僕、ヒョンに指舐められて気持ち良くて・・・ムラムラするとか
変態だ・・・・でも・・・・でも・・・もうちょっとだけ・・・・

そっと、ヒョンの唇に触れて、その柔らかい感触に、またぞわぞわとした感覚が全身を流れる・・・
はぁはぁ・・・どうしよう・・僕、本当に変態だ・・・・

唇に触れているその指を、ゆっくりと口の中に入れた・・・指に絡むように赤い舌が蠢く・・・・
あぁっ!!――――――その感触にうっとりしていたら

ガシっと手を掴まれた―――――――――

!!!!!!!!!!!!!

「・・・ん?チャンミナ?・・なにしてるの?」

ヤバい!!起きた!!!・・・やっ・・どうしよう・・・
大きくなってしまっている、僕自身に気付かれないように、ゆっくりと腰を引いていたのに
腰を掴まれグイッと引き寄せられた・・・!!

「あっ・・・んっ・・」

急に刺激が与えられて、自分でも思っていなかった声が漏れた。
慌てて、手で口を隠すけど・・・もう・・・・・ばれちゃったよね・・・

「ん?チャンミナ・・なんでそんなエロい顔してんの?それに・・・」

「あ!!んっ・・・やっ・・・あ、ん」

そっとヒョンの手が、僕自身に触れただけなのに・・・

全身に電気が走ったみたいに痺れて・・・・

ぞわぞわとした情欲が身体の中を駆け巡った・・・・

ヒョンに組み敷かれて、熱の宿った視線に絡め取られ・・・・

僕は・・・もう・・・・・・・・

「チャンミナ・・・あんまり、俺を挑発するなよ?・・・本当に我慢できなくなる・・」

・・・・・・ヒョン・・・・・・僕・・・・・・・

「・・ヒョン・・・・」

腕をヒョンの首に伸ばし・・・

「チャンミナ・・・その顔は駄目だ・・ホントに・・・」

・・・・・・・欲しい・・・・・・・・・

「ヒョン・・我慢しなくて・・・いいです」

・・・・・・・・・・・・ヒョンが欲しい・・・・・・・・・・・・

「チャンミナ?」


「僕の全てをあげるから、ヒョンの全てを僕に下さい」






ポチ頂けたら妄想が暴走しますww





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

拍手コメ お返事

a**さんへ

いつもコメントありがとうございます!!!!
楽しんで頂けているようで
とても嬉しいです(◦´꒳`◦)

凄く励みになります!!
また、お暇な時にでも見に来て下さい☆
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR