ひまわりの先に 素敵な靴の所有者(誕生日)1
fc2ブログ

素敵な靴の所有者(誕生日)1

『素敵な靴の所有者(誕生日)1_C.side』












いなり・・・・
ホントにいきなりユノに連れ出されて向かったユノの実家・・・

今までに経験した事がないくらいに緊張していた



ど、ど、どうしよう・・・・
ユノは"大丈夫"だと言っていたけど・・ホントに僕で・・大丈夫なんだろうか?

と緊張して初めましてと挨拶をして、ガチガチになりながら
ユノのご両親の前で座ってるけど・・・気の所為なんかじゃなく
さっきから凄く・・お義母さんに見られている・・・・

こ、これは・・・どういった意味で見られているんだろうか?
僕は・・どうしたらいい?!

チラッと横にいるユノに視線を向けて
お義母さんの視線の事を目でユノに訴えた


『助けて!!』

「ん?あぁ・・・母さん見過ぎ、チャンドラが困ってるだろ?」


ポンポンっと僕の頭を撫でながらも、
ユノは、僕の視線の意味に気が付いてくれた


「だって、安心したのよ?」

「なにが?」

「突然、お相手を連れてくるって言うから!どんな人なのかって!」


え?!
ご両親にも突然言って、来たのか?!!


「お相手が男性だとは聞いてたけど、どんな方なのかは聞いてなかったでしょ?」

「あー・・そうだっけ?」

「そうよ!!!だから、もしガタイがいい人とか、厳つい人とかだったら・・お母さん、どうしたらいいか・・・ドキドキしてたのよっ!!ねーお父さん!!」

「ん?あぁ、まぁそうだな」


お義母さんに腕を掴まれて覗き込まれたお義父さんの
そのお義母さんの顔を見ながら頭をポンポンっと撫でた仕草がユノにそっくりで
あぁ親子なんだなと、ちょっとほんわかした気持ちで見ていたら・・
いつの間にかお義父さんに顔をジッと見られていた

・・・・な、なんだろう?

変な顔して見てたかな?変に思われた?!
あ、それとも・・僕の見た目?・・若干だけどユノより背は高いけど
でも、ガタイがいいワケでも、厳ついとも思わないんだけど・・・・
けど、やっぱり・・・・
僕は男だから・・・・・駄目・・だったんだろうか?

まぁでも・・普通に考えたら駄目だろうな・・・・・

その視線に居た堪れなくなって俯いて、なにを言えばいいのか考えたいたら
シム君は・・と、話し掛けられて慌てて返事をした


「は、はい」

「ユノと付き合ってるって事を、シム君のご家族は承知なのかい?」

「あ・・・それは、あの・・僕1人なんです」

「・・どういう事かな?」

「僕には家族が居ないんです・・・すみません」


なんだか申し訳なくなってしまって
ペコっと頭を下げながら謝ると、ユノが優しく僕の頭を撫でて
謝る必要はないだろ?と、微笑みながら覗き込んでいた

あ・・やっぱりユノとお義父さん、似てる・・・と、
ちょっとピンとはずれな事を考えながらユノとお義父さんを見ていた


「・・チャンドラ?」

「え?あ!・・す、すみません」


ボーっとしていた事を、謝ってお義父さんに頭を下げると
すまなかった、とお義父さんに謝られてしまった


「そうとは知らず、不躾な事を聞いてしまったね」

「あ!いえ!!別に不躾だとか、そんな事!全然ありませんので!謝らないで下さい」


あわあわしながら、ホントに大丈夫ですから、と
お義父さんにそんな事を思わせるつもりは微塵もなかったから、
申し訳ない気持ちになって俯いていたら


「じゃあ、少し訊いてもいいかい?」


と、優しい声でお父さんに言われて、はい!と答えながら顔を上げた


「家族がいないってのは、病気かなにかで?」

「いえ、両親は僕と姉が幼い頃に事故で亡くなって、それからは祖母に育てて貰ってたんですが、その祖母も病気で他界して・・姉も」

「そうか・・・辛い事を思い出させて、すまなかった」

「い、いえ!!大丈夫です!!」


申し訳ない顔をしたお義父さんに、そう言うと


「1人で大変だっただろうに、よく頑張ったね」

「・・・っ」


優しい口調で、ユノのお義父さんから労いの言葉を掛けられて
思わず、泣きそうになってしまった

決して1人だったワケじゃない、キュヒョナもいたしドンヘヒョンもいたし、仕事もあったから・・・
でも・・それでも、辛くなかったワケじゃない
皆、死んでしまった事を受け入れるのは容易い事じゃなくて、
凄く時間が掛かって大変だった・・・

まさかそれを、ユノのお義父さんが・・気遣うように労わるように言ってくれるとは
思ってもいなかった

鼻の奥がツンとして、俯いて涙が出そうになるのを堪えていると
ユノが何も言わずに、ポンポンっと背中を撫でて擦ってくれていた

ユノに出逢えて、ユノのご両親に受け入れて貰えて・・・ホントに僕は恵まれてる
今まで不幸だと、辛いと思っていた色んな思いが、全て報われた気がして
僕は幸せ者だとそう思っていたら


「それなら、今日から私がチャンミン君のお母さんね♪」ウフッ


・・・・・・・へ?


あー・・えぇっと、今のは・・どういう意味?


いきなり、ニッコニコのお義母さんに"お母さん宣言"されて面喰って
きょとんとしながらお義母さんを見ていたら


「あら?違うの?あらら?そういう話じゃなかったかしら?」

「え?あ、あの・・そういう話って・・・・?」


なんの事か分からず、お義母さんからユノに視線を向けると、
ん?と逆に訊き返された

いやいやいやいや・・ん?じゃなくて


「話が見えないんですけど?」

「そう?別に母さんの言う通りでいいじゃないか?」

「え?!いや、そうじゃなくて・・・ユノ?」

「なに?」

「今日ご両親に、なんて言ってここに来たんですか?」

「ん?・・・あぁ!そう言う事!あーはーはーはーっ!ごめんごめん」


ケラケラと笑うユノに、で?と再度聞き返すと


「俺の結婚相手を連れて行くって言ったんだよ」


なっ?!なにーーーーーーっ!!!

いきなりそんな事言ったのか!?
ホントに?!!
ってか、今回は付き合ってる挨拶だけって言ってたじゃないか!!!
なのに・・なんか、全然違う!!!!!


「だから、母さんがチャンドラの母さんってことでいいんだよ♡」

「いいんだよって・・・ちょっ、ユノ?!いきなりなんて事をっ」

「ん?だって俺と家族になるんだろ?」

「そ、それは////・・そうですけど///」


勿論僕はそのつもりだったし、そうなりたいって思ってるけど、
いきなりそんな事言われたご両親は・・
ホントにそれでいいんだろうか?
ホントに僕で・・・・・・・

ドキドキと不安で心臓が拍動してるのを感じながら、
窺う様に前に座っているご両親に顔を向けると
お義父さんが、真剣な目で僕を見据えていた


「シム君、ちょっといいかな?」

「は、はい」

「少し嫌な聞き方をするけど・・シム君は、ユノが芸能人だから好きになったとか、付き合ってるってワケでは・・」

「!!父さ・・・」


そう僕に聞いたお義父さんの話の途中でユノが何か言い返そうとしていたけど
お義父さんは僕を見据えたまま、ユノに手を翳して、その言葉を制していた


「ちゃんと、本当のユノを知った上で付き合ってるのかい?」


じっと僕を見据えるお義父さんは、ユノのお父さんだから
僕がどんな人間で、どういうつもりで付き合っているのか心配になるのは仕方がない事だと思うし
心配して当たり前だと思った
ましてや僕は・・男だから、余計に、なんだと思う

ホントの事を言ったら、どう思われるか分からないけど
それでも・・正直な気持ちを話そうと思った


「・・・ユノと出逢う前からユノの事を知ってはいましたけど・・・その・・僕は芸能人って人達もその業界に関わってる人も、その・・あまり・・好きではないので・・・だ、だから!ユノが芸能人だから好きになったとかではないです・・・・寧ろその・・逆で・・・・最初は・・」

「俺の事、大っ嫌いだったよなー!あーはーはーはーはーっ!!」


正直に話そうと思ったけど、ちょっと言い出し難くて口籠っていたら
ユノがサラっとその事を口にして豪快に笑っていた


「なんだ?ユノ、お前嫌われてたのか?」

「そ!初対面で"大っ嫌いだ"って言われた!あはははっ!!」

「なっ!ちょ、ユ、ユノ?!!///」

「なんだ?ホントの事だろ?」

「っ!!」


ニヤッと笑いながら言ったユノの言葉は紛れもない事実で、
反論する言葉もなければ、言い訳の言葉もなくて
次第に居た堪れなくなって、すみませんと謝って俯くしかなかった


「あら、ユノ、あなた、嫌われてたのに、よく好きになってもらえたわね?」

「それは、ほら!俺、しつこいから!あーはーはーはーっ!!」


お義母さんの問いに、笑いながらそう言いたユノに
お義父さんもお義母さんも・・・・


「そうだったわね」「そうだな」


と、納得していた
どうやら・・ユノのしつこい性格は昔っからだったみたいだ


「でもそういう事なら、お父さんの心配は不要だったって事ね?」

「ん?あぁ、そうだな」

「なら、私がチャンミン君のお母さんで、お父さんも!って事でいいのよね?」


ニッコリと満面の笑みでお義父さんの顔を覗き込むお義母さんに、
そうだな、とお義父さんは優しく微笑み返して返事をしていた

その仲睦まじいご両親の様子を見ていたら、
ユノの人となりがどう形成されたのか分かったような気がした

明るく前向きなところは、お義母さん似で
ちょっと心配性で優しいところは、お義父さん似

ユノは沢山の愛を受けて育ったんだろうと想像できた

・・・・けど

・・・・・・それが分かって良かったと思う反面・・・

ホントに僕でいいのかと・・考えてしまった

前に・・・ユノと別れずに済んだあの後に、

一度ユノとの事で社長さんと話をした事があった―――――











ポチ頂けると励みになります!!


さて~久しぶりーーーな!!
こちらさんのお話しをUP!!!!
一応、この前の話の続きからですが・・・
あれれ??
ちょっと・・ぐるチャミ到来な予感??!
にしても良かったねママさんwwww
ユノの相手が、ガチムチとかじゃなくてwwwwwwwwwwww


お!!そうそう!!
今日?いや昨日!!
どうやらユノパパさんのお誕生日だったようです!!
おめでとうございます!!!!
そして!!!ありがとうございます!!
本当ユノパパとユノママがいたから
ユノに出会えたので
感謝しかないです!!。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

で、FNS観てたら
2011年のトンが観たくなって、そっちばっか何度も観てた←
あ!でもBOAちゃんと、Kくんのは
ちゃんと観たよ~( *´艸`)
それ以外は・・・殆ど観てない←オイ!!



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わ〜い♬
お久しぶりの靴屋さん♡
嬉しいーーーっ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

私がユノママだとしてもガン見するね、チャミをwwww
気持ち悪がられても見続ける‼︎
ユノパパもユノママもいい人でよかった♡
さすがユノのご両親‼︎
でもグルミン降臨?

昨日のFNS、TOKIOが出るから録画していこうと思ってたのにすっかり忘れてた(^^;;
仕事から帰ってテレビをつけたら藤井フミヤと長瀬が一緒に歌ってたんだけど、長瀬カッコよかったぁ♡
BOAちゃんも出てたの?
メリクリ、JEWEL SONG大好き♬

靴屋さん、また最初から読みたくなった♪
今日は休みだし読んでこよ〜っと٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

コメお返事~

l***さーーーーーん

こんばんわぁ
コメあんがとっ!!!!

変態先生の為の短い夏休み・・・
けど、きっと
満喫しただろうね♡
ビキニパンツ・・一瞬だったけど
あれ・・大事に持ち帰ってるよねwwwwきっとwwww

そう!!
まだ靴プレゼントしてないのよ!!
なので今回はその話を
書こうかと思います╭( ・ㅂ・)و!


マジか?!
ルナちゃん・・たった四ヶ月で
元通り?!スゲーなwwwwwwwwwwwww
やっぱり女の子の方がキモが据わってるのかな?www
男の子ってちょっとデリケートよねwwww
まだ・・マルガリータにはなってない??

コメお返事~

YU***さぁぁぁぁああん

こんばんみーー
コメさんきゅっ!!!

こっちも少し雨降ってたよ~

ってか!!!wwwwwwwwwwwww
どんだけ好きやねんwwwwカンジミンwwwwwwww
私の話のシリーズ?で
一番、変態先生が長いでwwwwwww

変態先生1本wwwwwwww
それすると、私・・・
常に変態な事しか考えられんくなるやんwwww
アカンやろwwwwwwwwwwwwwww

って!!!!
そんな事よりやわ!!!!!
幼馴染君・・・マジか?!wwwwwwwwwww
実は・・・そうなんやないかと・・
ちょっと疑ってたんやけど・・まさか
マジでか・・wwwwwwwwwwwwwwwwww
けど・・気になるな・・基準wwwwwwwwwww
ってか、一応治るんかなそれwwww怪しいわwwwwwwww

それ京さんに言ったらアカン!!!!!!
血の海みそうやwwwwwwwwww

コメお返事~

ゆ*さーーーーん

こんばんわーーー
コメありがっと!!!!

おぉ!!丁度いいタイミング!!!!
喜んで貰えてヨカッタ(*´∀‘*)

グルチャミ降臨かもしれないけどねー
きっと大丈夫よね!ユノだから←


手紙!!
文字ホントに綺麗だった!!
で、内容ツンデレとかwwwwww
さすが!チェガン・チャンミンwwwwwww

ねーーー!!
休暇かぶって・・またホミホミしてくれないかな~
* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ♡

コメお返事~

よいさん♪さーーーん

いや~ん!久しぶり~
コメありがとーーー!!!!!

で!こちらのお話しも久しぶりwwwwww

私がママでも・・・ガン見するなwwwww
で、ユノに怒られたい←ヘンタイ
そう!!
なんせあのユノのパパとママだからねwwww
さて・・グルチャミは・・どうなるかな~?

私も、急いで帰ったけど途中からだったwwwwww
長瀬君はいい歳の取り方しててカッコいいね~
うん!!
BOAちゃん出てたよ!!!
メリクリ歌ってくれたーーー!!!!
やっぱり上手いよ~BOAちゃん(*´∀`*)

お話し・・・
最初っから読み返したの???
30数話あった気がwwwwwwwwwwwwwwwwwww
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR