ひまわりの先に 3つの"しこう"(プレゼント)1
fc2ブログ

3つの"しこう"(プレゼント)1

『3つの"しこう"(プレゼント)1_C.side』













飽きもせず、懲りもせず・・今年も通年通り開催される事になった
謝恩パーティーと言う名の忘年会兼Xmas会・・・

まぁ去年と同じで先生が参加する事は無かったから、
今年も僕が挨拶回りをして・・・
あらかた終わらせて一息ついていたら


「カン先生、本当に来ないんですね・・・」


しょんぼりとした顔のアラさんが項垂れながら横に並んだ


「まぁ先生はこういうの、好きじゃないですからね」


ワイワイと騒ぐ周りを見渡しながらワインを飲んで
自分の授賞式でさえ参加しない先生が、ここに来るワケもなく、
今年もけんもほろろに『行かない』と拒否られた時の事を思い出していた






――数日前――


「先生、最終確認ですけど・・」

「ん?行かない」

「ですよねー」


まっ、予想通りの返事だったから別に驚く事はなかったけど、
去年の事もあるから念の為、予定を聞いてみた


「その日、先生はどうするんですか?」

「ん?なんか予約がイッパイだってシウが言ってたから、こっちにいるけど?」

「そうですか、分かりました」


店に出てるなら変な事はしないだろうし、迎えにも来ないだろうと、
ちょっとホッとしながら返事をして手帳を開いていたら
物凄く視線を感じて・・チラっと顔を上げた


「・・・・・・なんですか??」

「何かして欲しかった?」

「は?!何かってなんですか?」

「ん?もうサンタさんは去年やっちゃったからね~今度はトナカイとか?」

「なっ!?誰もそんな事、望んでねーですよ!!」


ってか!あれのドコがサンタなんだ?!
思い出した去年の・・先生の中でのサンタ像は・・・普通の人が想像する

"太ってて・真っ白な長い髪と髭・赤い服"

ってのとはかけ離れたサンタだった
しかも!特殊メイクまでしたし!!誰がどう見てもあれはサンタじゃねーーー!!!


「絶対しなくていいですから!!!」

「嫌だった?」

「え?別に嫌だとは・・・」


先生が、仮装?コスプレ?変装?したのは、僕に逢うためで
あの時、ホントの本気で驚いたけど嬉しかったから、嫌だとは思ってない
手段と手法が普通の人とかけ離れてるけど、
先生らしい発想で、あれはあれで、いい思い出だ


「だよなー、だってチャンミナ、コスプレ好きだもんね」




はい?!!




「・・・誰が・・・何を好きだって?!」

「チャンミナがコスプレを」

「好きじゃねーですよ!!!!なに言ってますか?!」

「ん?あぁ、なら女装癖?」

「なっ!!なんでっ!!!」

「だって、自分から進んで女装したろ?」

「!!あ、あれはっ!!ユノを驚かせるのが目的で、女装は単なる手段ですし!それに、たった1回だけじゃねーですか!!」


なのに癖って!癖ってなんだ?!!
それじゃ、まるっきり僕が変態みたいじゃないかっ!!!!!


「その割にはその時の服、大事に仕舞ってるよね?」


なっ!!!!!


「そ、それはボアさんがくれ物なのに、捨てるのは悪いじゃないですか!」

「また着て、チャンミナ♡」

「はっ?!嫌ですよ!!・・っ、て!ちょ、ユノ?!」

「あ、でも、今度はミニスカートがいいかな~♡」

「っ、ぁ!!ちょ!!止めっ・・ぁ、ユ、ユノッ!!!////」


楽しそうな顔をしながらソファに僕を組み敷いて、
その手で腰を撫でられた・・・が!!


「は、離れろって!!!!!/////」

「なんで?触ってるだけだろ?」

「っ、ぁ!!」


僕が先生の手に弱くて、
触られただけで反応してしまう事を知ってるくせにっ!!!
そ、それに!!!!!


「こ、ここっ!お店でしょーがっ!!!////」

「そうだね(ちゅっ)♡」

「分かっててしてますかっ!?///」

「勿論」ニッコリ


なに満面の笑みで言ってんだ?!!!


「ここでは2度とシないって!!何度言ったら・・」

「おはよーございまーーす・・・・ぅ゛!!!」



!!!!!!!



バタン!と勢いよくドアを開けて元気な声で入って来たのは・・・


「ん、おはよ、相変わらず元気だなタオ」

「お、お、お・・・っ/////」


またタオ君!!!!!!!


「なにしてるんですか、店で」

「お、今日はカイもバイトだったか?」


なっ!!カイ君まで?!!!!//////

真っ赤な顔のタオ君だけじゃなく、
ちょっと呆れた顔のカイ君にまで見られてしまった!
なのに先生は・・・何事もないかのように2人に話し掛けていた


「オーナー、そういう事するならせめて鍵ぐらい掛けたらどうですか?」

「あははははっ!悪い、するつもりは無かったんだが、チャンミナが・・ねー?」ニヤリ

「!!!!!?」


なっ?!!!
ぼ、僕の所為にする気か!!!!!


「僕じゃねーーーっ!!いい加減離れろっ!!!」


ニヤニヤしている先生を押し返して
しょうがないと言った顔をしているカイ君と、
顔を真っ赤にしてカイ君の後ろで目を逸らすタオ君達に背を向けて
羞恥心に塗れながら乱れた服を直していた

ってか!!これワザとだろ?!!
先生の事だからタオ君達が来るの分かっててやったな!?

ムッとしながら横にいる先生を睨むと、ニッコリと微笑まれた


「なーに?」

「・・・・ワザとやりましたか?!」コソッ

「ふふふ・・・正解♪」


っ!!!!やっぱりか!!!!!!
このっ・・・・


「ヘン・・・・っ」


いつもなら変態って叫ぶところだけど・・
タオ君もカイ君もいるし、なんだかんだで先生はここのオーナーだから
下げるような事を言うのはどうかと思って
それ以上なにも言わずに睨んだら・・


「チャンミナは優しいね」


とか言いながらちゅっ、とキスをされた


「なっ!!!////」


すぐそこでタオ君もカイ君も着替えてるのに?!なにしてんだっ!!!!!/////
先生から離れるようソファから立ち上がって
口元を押さえながらチラッと更衣室の方を見たら・・・

真っ赤な顔したタオ君が、何も見てないですっ!!と言いながら
思いっきり僕から顔を逸らした


んな゛っ!!!
見られた!!!!!//////



その反応、絶対!!100%見られたじゃないかっ!!!!!
ソファに座ってるに避難の目を向けたのに・・先生は楽しそうに
あーはーはーはーっ!!と笑っていた


「笑ってんじゃねーですよ!このドS!!////」

「ん?じゃあチャンミナはドMだね♡」

「はっ?!な、なんで僕がっ!!!?」

「俺がドSなら、そんな俺と付き合ってるチャンミナはドMだろ?」ニッコリ

「違っ!!!!!////」

「俺はドMのチャンミンも興味あるよ♡」

「ばっ!!///なっ!!!////」


何をそんな、いい顔で言ってんだーーーっ!!!////
全部まるっと全て、カイ君とタオ君に聞かれてんだっての!!

ふふふっ、と嬉しそうに笑っている先生に
いい加減にしろ!!と、言って鞄を掴むと、ドコ行くの?と
不思議そうな顔で訊かれた


「仕事!!社に戻るんですよ!!!!」


ニヤけている先生にそう言って、プイっと顔を背けると
カイ君とタオ君にお疲れ様ですと挨拶をされて・・・ホントに色々と申し訳なし
恥ずかしくて、すみません、とペコっと頭を下げて部屋を出た

あーー////
ホントに恥ずかしい!!!/////

熱くなってる頬を手で仰ぎながらカウンターに座っていた
シウ君に、お邪魔しましたと声を掛けると
う゛っ!!と鼻を手で押さえていた

あ・・・//////


「ご、ごめんなさい////」


ちょっとシウ君から離れるようにその後ろを歩いて帰ろうとしたら


「・・・あ!あのチャンミンさん///」


少し頬を赤くしたシウ君に呼び止められた


「はい?」

「Xmasですけど、参加でいいんですよね?」


????
参加???はて?なんの事だ???

話が見えず、首を傾げながら、何の話ですか?と
聞き返すと、ヒョンから聞いてないですか?と驚いた顔をされた


「えぇ・・あ、Xmasはこっちで仕事だとは聞いてますけど・・?」

「はぁ...ちゃんと聞いてって言ったのに・・・・ったく」


溜息を吐いたシウ君は、仕方ないと言いたげな顔で
staff roomの方を睨んでいた


「あのー?なにかあるんですか?」

「あ、はい!実は・・・・」

「Xmasパーティーするんだって♪参加するよな?」


ニコニコしながらシウ君の言葉を遮った先生が
バーテンの格好をしてカウンターに入った


「パーティーですか?」

「そ!」

「ここで?」

「そ!」

「それなら・・僕は参加しない方が・・・」

「あー、違う違う!内輪のパーティーだよチャンミナ」


あぁそういう事
てっきり、お店で色んな人呼んでのものかと思ったら違った
けど、でも無理だ


「すみません、その日僕、会社の謝恩会があるので・・・」

「大丈夫だよチャンミナ♪」


参加出来ないと言おうとしたら、何故か先生に
サムズアップされた・・なにが大丈夫なんだ????


「その謝恩会が終わる時間からの予定だから!」

「・・・・・・時間、知ってるんですか?」

「勿論!」


参加しないのにそういう事は知ってるんだな・・・
まぁ恐らく編集長から聞いたんだろうけど


「だから、参加、でいいんだよな?」


グラスを拭いている先生に、そう聞かれていたけど・・
僕は・・・いつもの癖で・・綺麗にしなやかに動く
先生の手に見惚れていた


「チャンミンさん??」

「・・・・・・え?あ!は、はい、そうですね、終わってからで間に合うなら参加します///」


シウ君に覗き込まれて慌てて返事をすると
先生は、僕がなんで慌ててるのか分かっている顔でニヤニヤしていた


「ほら!だからチャンミナも参加するって言ったろ?」

「・・・・・・聞き忘れてた癖に、なんでヒョンがドヤ顔なんですか?ったく・・・でも、チャンミンさんも来てくれるなら良かったです!お待ちしてますね♪」

「はい!」








「・・・・・さん・・・ねーチャンミンさんってば!!」

「・・・・!?え、あ、なに?」


先生の事を思い出してボーっとしていたら
口を尖らせたアラさんに睨まれていた


「もーー!話聞いてなかったんですか?」

「あー・・うん、ごめん、で?なに?」

「だからー!ここもう直ぐ終わるし!だから終わったら!私を癒してくれる例のお店!!行きましょうって!!」


え??!癒しの店って・・・先生のお店だよね?!
それはちょっと・・困る

今日はお店、もうすぐ終わるし
それにその後は内輪のパーティーだから・・連れては行けない

もし、連れて行ったら連れて行ったで多分、僕の同僚だから一緒にって事に・・・
なり兼ねない・・

ニヤリと楽しそうに笑う先生の顔を思い出して
そうなると困るのは100%・・・僕だ!!
と、思って断ろうとした


「アラさん、あのごめ・・」

「おい!チャンミン」


後ろから突然凄むような声の編集長が聞こえて
ビクッとしながら振り向いた


「は、はい!」

「・・・お前、迎え頼んだのか?」


へ??迎え???


「な、何のことですか?」

「ちょっと、来い」


睨みつけるような編集長のその目で、こっち来いと言われて
ビクビクしながら着いて行ったけど・・・・・・
ど、どこまで行くんだろうか?

会場を出て、受付も過ぎて、ホテルの入り口まで着いてきた辺りで
恐る恐る編集長に声を掛けた


「あ、あの編集ちょ・・」

「あれは誰だ?!どうしてここにいる?」


あれって???どうしてって??なに?

そう思いながら編集長の視線の先を見ると・・・


な゛っ!!!!!


なんでっ!!!!!!!!


僕を見て満面の笑みを浮かべた先生が
両手を広げて待っていた


・・・・って!!!おい!!


なにしてんだーーーっ!!!!!!












ポチ頂けると変態に変貌します!!←誰が?!


スマヌ!!!
小話途中ですが、Xmasって事なので
こちらの変態バカップルに参上してもらいます!!
一応・・3話?!ぐらいの予定!!!
なので小話は・・一旦お休みです。。。ミアネ



おーーーーっと!!!
新しいアプリとか!!
Gold Missionとか!!!
ユノの情報とか!!!
シーズングリーティングのネタバレとか!!!
なんか、なんか!!
情報イッパイ過ぎて追い切れないwwwwwwwww
けど、アプリ・・・
アイポンは1月中旬なのね・・・il||li_| ̄|○il||li
大人しく待ちます(。>д<)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメお返事~

M***さーーーーん

こんばんわーー
コメありがとうです!!!

変態先生!聖夜に登場!!!wwwwwwwwww
なんか・・バチ当たりそうwwwwwwwwww

ねーーお出迎えよ!!!
どんなXmasぱーち―なのか?!
今、絶賛・・考え中←

こんな変態なお話しですが
楽しんで貰えたら嬉しいです(*´∀`*)

コメお返事~

l***さーーーーん

こんばんわぁああ
コメさんきゅ~

お年玉?!wwwwwwww
なんだろう・・何も考えてないけど
なにかある?wwwwww

勿論、確信犯wwwwww
弄るの楽しいんだろうね~
そうそう!
去年もねXmasに色々とあったwwwwwwwwww
さぁ、今年は?!
どんなXmasになるかなーー?←考え中...


たいへーーーん!!!
クアンが結石になった˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚
帰って来て
ワタワタだったよ・・・参った・・・

コメお返事~

YU***さーーーーーん

こんちゃ!!
コメありがっと!!!

一応ね!!
けど・・・面白いかどうかは・・・微妙やで(汗)
期待せんと、読んでな!!

えぇぇぇええええ!!!
年末に出すん?なんか余計に・・寂しいな・・・
独り暮らしか・・大丈夫やろか???
子どもは?向こう???
え?100%出来とるやろ!!!!

幼馴染君なら・・なんとなくありそうやん?wwww←
けど、盛ってると思うし
構ってちゃんなのもそうやとも思うわwwwwwwwwww
まぁ、いいように見たら
バカップルって事とちゃうか?wwwwwwwwwwwwwwwww

コメお返事~

は**さーーーーん

こんちわーーー
コメありがっとぅ!!

そう!!去年もで!今年も
Xmasは変態バカップルに
登場してもらいました!!(*´∀‘*)
プレゼント・・なんだろうね?wwwwwwww
爆wwwwwwwww変態化しちゃったか?wwwwwwwwww

イブねーー
普通に仕事(残業)だったよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
ケーキは一応Xmasに食べたけどね~
ただケーキ食べただけっていうwwwwwwwwww

アプリ!!
画像がめっちゃイッパイあるらしいね!!
楽しみだわーーー♡
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR