ひまわりの先に 拍手570000回記念『護り護られ好き嫌い6』
fc2ブログ

拍手570000回記念『護り護られ好き嫌い6』

『護り護られ好き嫌い6_Y.side』













ある日、ヒチョルヒョンの事務所から
プライベートボディーガードの依頼が舞い込んできた

特に断る理由もなく、あっさりと引き受けてみたものの・・・
どうやら、警護対象は相当忙しい人のようで
今は海外で仕事中との事で
戻って来て、また海外に行くタイミングからの依頼だったが
今回はプライベートボディーガードって事で、憶える事が多い

スケジュールの把握も勿論、ステージでの裏方の様な事も
マネージャー、付き人、運転手、の様な立ち回りもしなければならず
尚且つ
ストーカー対策も・・・

一応、警護対象者について少し調べてみたら
その顔に見覚えがあった


背が高く、細身で、顔が小さいのに大きな瞳が印象的で、綺麗なハイトーンボイスの持ち主


前にヒチョルヒョンの警護を受けた時に
何度か見掛けて、歌を聴いたことがあった、その人が
今回の警護対象の・・・・


"シム・チャンミン"


印象では、もっと年下かと思ったが


「俺の、2つ下か・・・・童顔だな」


集めた資料とネットでの情報を見ながら
ボソっと呟くと


「わー!!なになにオッパ!次の依頼って、チャンミンなの?」


そう言ってPCの画面を見ているのは俺の妹で
この会社の事務担当・・と言っても、俺と2人きりの小さな会社だけどな


「ん?ジヘ知ってるのか?」

「当たり前でしょ!!」


俺の分のカフェオレも淹れてくれたジヘが
マグカップを俺に手渡しながら、自慢げな顔をしていた


「ヒチョルオッパと同じ事務所で、可愛くてカッコ良くてスタイルも良くて歌も上手くて、バラエティも得意で、最近はドラマも出てるでしょ!!ってか!超有名人じゃない!!」

「んー・・そうみたいだな」


集めた資料に目を通してカフェオレを飲みながら
相談に来たマネージャーさんの話を思い出していた







――1週間前――


「本人は全然気にしていないんですが、手紙の内容が・・・詳し過ぎるんです」


鞄から3通の紫色の封筒を出したマネージャーさんは、
ホントに心配そうな顔をしていた
中身を確認していいか聞くとコクリと頷いた

紫色の封筒に入っていた手紙は・・・
綺麗な字でびっしりと埋め尽くされていた

内容に関しては、
何かを要求するような事も、脅すような事も書かれてはいなかったが
ファンレターと言うには・・・
少し常軌を逸してるように思えた


「失礼ですが、手紙はこの4通だけですか?」

「他にもあるかもしれないですけど、私が知ってるのはこれだけです」


その返事に首を傾げた
ファンレターって物がどういった経路で本人の手元に届くのか詳しくは知らないが
普通は事務所に送られてくる物なんじゃないのか?

だけど、この封筒にはそもそも宛先も、宛名すら書かれていない
それが本人の手元に届いてる状況を考えると・・・


「この手紙は自宅に直接入っていたんですか?それとも手渡されたとかですか?」


恐らく前者だろう


「自宅です」


やっぱり


「・・自宅の、部屋のポストに入ってました」


?!部屋のポスト・・
マンションがバレてるだけじゃなく、部屋もバレてて、
部屋の前で侵入してきてるのか


「住んでるマンションがバレるのはいつもの事なんですが、さすがに今回のは・・・何かあってからでは遅いので、なので、お願い出来ないでしょうか?」


仕事の内容についても、提示された金額も申し分ない、ただ一つだけ・・・


「念のためお聞きしますが、シムさんは男性で間違いですか?」

「え?あ、はい、間違いないです」


俺の素っ頓狂な質問に
マネージャーさんは少し驚いたような顔をしつつ返事をしていた


「では、契約期間は、この件が片付くまでと言う事で宜しいでしょうか?」

「はい」

「今回はプライベートガードですので、私も色々とご迷惑をお掛けするかと思いますが、何かご都合が悪い場合等ありましたら、なんなりと仰っていただいて構いません、私で約不足であれば他の人を紹介致しますので――――・・・



と、契約の細かな説明をして契約書を渡すと
直ぐに社長に判を押して貰います!と
その契約書を鞄に仕舞って立ち上がって・・帰るのかと思ったら、
何か思い出したかのように、あ!と声を上げた


「チャンミンの事ですが」

「はい」

「ちょっと人見知りな性格ですけど、チョンさんと歳も近いですし、素直でいい子なので、仲良くしてやって下さい、ホントに宜しくお願いします!!」


仲良くって・・・・別に仕事で付くだけであって
別に友達になるワケではないから、そのお願いはどうなんだ?

それに別に素直でいい子でも性格が悪くても別にどっちでもいい
ただ・・・面倒だけは勘弁して欲しい

とは思ったものの、深々とマネージャーさんが俺に頭を下げてるこの状況で
そんな事を言うのもどうかと思い、取り合えず「はい」と返事をした






で、数日後に書類が届いて正式に契約してから、警護対象者の資料を集め
事務所やマンションのセキュリティのチェックを行って、
スケジュールの把握と向こうの仕事の内容を確認していたが・・・
時間が足りないし、向こうの仕事に慣れる必要もあるだろうと考えていた


「オッパ・・オッパってば!!」

「ん?あ、なに?」

「ちょっと、お願いがあるんだけど~?」


甘えた様な言い方で上目遣いをしたジヘにツンツンっと腕を突かれていたが・・
多分、そのお願いってのは・・・


「サインとかは貰わないぞ?」

「えーーーー!!ケチーー!なんでよー!!!」

「仕事だからだよ」

「けど、ガードするんでしょ?ずっと一緒にいるんでしょ?!」

「だから、それが俺の仕事・・」

「オッパだけズルい!!」

「・・・・・・・・」


ズルいって・・・ったく


「あのなー、俺は単なるボディーガードで、これが俺の仕事だろ?近くにいるからって友達になるワケじゃない」

「・・っ、それは分かってるけど・・ね?オッパ~」

「俺がそう言う事はしないって、分かってるだろ?」

「う゛ーーー・・」

「そんなに欲しいならヒチョルヒョンに頼めば?」

「そんなのとっくに頼んだわよ!!」


不貞腐れた顔をして、思いっきりベシッ!!と、叩かれた腕を擦っていた
何気にちょっと痛い・・・


「頼んだけど、ヒチョルオッパ何度頼んでも"面倒くさい"って却下するんだもん!ねーだからね?オッパ♪」


ニッコリと可愛らしく微笑んで甘えるジヘは
ホントに可愛いとは思うが・・・・


「却下」

「!!!ひどーーーい!!!」


ケチー!オッパは冷たい!!仕事人間!!!
と、ブーブーと拗ねるジヘを、はいはい..と宥めながら、
仕事の続きをしていた

ストーカー・・か・・・

ポストに直接投函されたその手紙を了承を得て
コピーを取らせて貰っていたその手紙を読んで読み取れるのは

・几帳面
・生真面目
・時間に余裕のある人間
・徐々に距離が縮まっている

今はまだ手紙だけだが・・・目的は恐らく
シムさんに近付く為
もしくは既に近くにいて、自分の存在に気付いて欲しい・・・
そのどちらかだ

あのセキュリティのマンションに入るのは簡単ではないはず
可能性はいくつかあるが・・・そこは一つずつ潰していけば
自ずと答えも出るだろう

だが悠長な事はしてられない、いつ状況が悪化してもおかしくない
時間が足りないな・・・・・

まだ契約期間前だが、向こうの仕事に慣れる事も含めて
会社に連絡を取ると、あっさりとOKが出た


「ジヘ?」

「ん?なに?」

「俺、今から動くから、なんかあったら連絡頼むな」

「え?でも、契約は明後日からじゃないの?」

「ん、ちょっと早めて貰った」

「え?!なら、なら!今日、今からチャンミンに?!!!」


期待に満ちてキラキラとした目をしたジヘの頭を
ぐしゃぐしゃっと撫でて、もう一度ニッコリと笑いながら


「却下」


と、言うと、オッパーーー!!と叫ぶジヘに、
戸締り宜しくと言って、手を振って会社を出た

さて、まずは・・・事務所の周りから徹底的に調べるか

と、向かった事務所の周りには・・・
出待ちと思われるファンがいた

ヒチョルヒョンの時もそう思ったが・・
芸能人って難儀な職業だよな、いい事も悪いことも
全て注目され、応援してくれる人もいれば、悪意を向ける人もいる

普通の人が普通にする事が出来ず
言動行動には気を付けなければいけない・・・・

そんな世界に、自ら飛び込むとか・・物好きだな

まぁ、ヒチョルヒョンみたいに
どんな場所でも表も裏もない人間もいるが
そんな人は稀だって事を・・・俺は良く知っている・・・・


シム・チャンミンは・・・どんな人間なんだろう?


まぁ、どんな性格でも
裏があっても無くても別に仕事には支障ない


ただ・・・


面倒だけは御免だ













ポチ頂けると頑張れます!!!!


始まった!ユノside!!!
ジヘちゃんがちょっと予想外に
明るくて元気な子になってしまったwwwwwスマヌww
取りあえず、
チャンミンsideまで追いつかなきゃ
話が先に進まないwwwwwwwwww



おぉっと!!!ちょっとーーー!!
ユノ!!TV出演?!12/14 21時!!!
けど・・・私、出掛けてるーーーっ˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚
リアタイでは見れない・・・が!!
きっと誰かがツベにっ!!!←他力本願
動いてるユノ!見たーーーい!!!!
お願い誰か優しい人!!
ツベに(´。・д人)オネガイダヨゥ…


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメお返事~

l***さーーーーーん

こんばんわぁ
コメありがとーーー!!!

ねーーーーwwww
面倒ってなんだろうねーー
その話は・・また追々でwwwwwwww
ユノの目に・・チャンミンはどう
映っているのやら・・・心配だわ・・・(。>д<)

ツベ待ち!!!
だったけど、ほんの少しだけしか
映らなかったみたい?

え!?クルックゥ?!
鳩?!ルナちゃん・・鳩なの??!!wwwwwwwwwww
芸達者←違う?!
うちの子・・(クアン)文句言いながら
走ってくるぐらいしかないなーー・・コトラは
そもそも全然鳴かないし・・いいなクルックゥ!!!!!

コメお返事~

は**さーーーーーん

こんばんるーーー
コメありが㌧!!!

そう!!ジヘちゃんの興奮っぷりを見ても
特になにも変化のないユノ・・・真面目過ぎやしませんか?!
面倒・・・ねー・・いつドコでなにが
あったのやら・・・wwwwwwwwwwwwwww

ごめん!!!
直ぐに返事出来なくて!!!
一応アプリでリアルタイムで観れたらしいけど
回線が重くてフリーズしてた
って声が多かったみたい、私のチングも
じぇんじぇん見れんかったって!!(汗)
ので!ツベ期待!!!!!!
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR