ひまわりの先に 拍手570000回記念『護り護られ好き嫌い10』
fc2ブログ

拍手570000回記念『護り護られ好き嫌い10』

『護り護られ好き嫌い10_Y.side』












日本での仕事は慣れない事も多くて大変だった・・・が!!

まず何が一番慣れなくて大変かって言うと・・・
言葉よりも習慣よりも仕事の内容よりも・・・・・・・・・・


「ヒョン・・・・・(じーーーっ)」


寝起きでムッとしたチャンミンに無言のまま
手に持っていた蓋のないペットボトルを突き出されていた


「あ・・・すみません」


まさか・・・・日本でチャンミンと一緒に住むことになるとは・・・・

いつもはマネージャーさんが一緒に暮らしているらしく
日本に来た最初の数日間は、マネージャーさんがチャンミンと一緒のマンションで
暮らして、俺は下の階で生活をしていたんだが・・・







――数日前――



「え?どういう事ですか???」

「すみません!ちょっと、向こうで急遽呼び出しがかかって、次の仕事の打ち合わせもあるので」

「しかし、私だけでと言われても」

「大丈夫です!!ユノさん本当に優秀だし、日本語も出来るし!ユノさんなら任せられるので!」


お願いします!!と頭を下げられてしまった・・・
やれと言われるなら仕事だからするが・・それでも不安は拭えない


「日本での仕事のことは、こっちのマネージャーさんにも頼んでますし、ユノさんの事も伝えてます!それにチャンミンもユノさんに懐いてるみたいなので!お願いします!!」


懐くって・・・・犬か?とは思っても、そんな言葉は口にしないが
はぁ.....
.まぁ、正直、出来ないワケではない・・・こっちの事は
こっちのマネージャーさんと連絡を取ればいいし、暫くリハだけだしな・・・
断るちゃんとした理由もなく・・・仕方ないと・・・分かりましたと返事をしたら


「良かった!じゃあ、荷物の移動とか手伝います!!」


????荷物??


「あの、荷物って??」

「マンションですよ?私がいない間はユノさんがチャンミンと同じ部屋で暮らして下さい」

「え?・・・・それ必要ですか?」


思わず、思った事をそのまま口にしてしまったけど
別に下の階のままでいいんじゃないか?俺がチャンミンと一緒の部屋で
暮らさなきゃいけない理由が見当たらない


「必要というより、経費削減も兼ねてますから」


それに昔から日本ではそうだと言われ、なにかあるといけないから
と言われたら・・・・従うしかなかった・・・が・・・


「マネージャーさん?」

「はい」

「チャンミンには了承を得てるんですか?」


マンションへの道を運転してるマネージャーさんに顔を向けながら
チラリと後ろで眠っているチャンミンに視線を向けた

ガードして多少時間は経ったが
それでもマネージャーさん程長い付き合いでもないし
ほぼ赤の他人の俺が一緒に暮らすってのは・・・
人見知りのチャンミンは嫌なんじゃないか?と思った


「チャンミンなら、大丈夫ですよ!ってより!私が暫く戻るから他のマネージャーを呼ぶか?って聞いたら"ユノヒョンいるからいい"って言われたくらいですから」


え?・・・・・そうなのか?でも、なんでだ??
別に、なにかしたわけでも、親しくなったワケでもないのに???

そうなんですか・・とマネージャーさんに返事をしながら
意識だけチャンミンの方に向けていた


「珍しいんですよ?」

「え?」

「チャンミン、人見知りのハズなのに、なんでかユノさんには全幅の信頼を置いてるみたいで」

「そうなんですか・・・?」

「えぇ、まぁ恐らくヒチョルの従弟だって事もあるとは思うんですけど、多分・・・嬉しいんじゃないですかね?」


嬉しい??なにがだ???

マネージャーさんの言葉の意味が理解出来ず
首を傾げていた


「ほら、ウチって基本グループで売り出してるじゃないですか?」


ん?あぁ、確かに前に調べた時に知ったけど
男で最初っからソロで活動してるのはチャンミンだけだった


「けどチャンミンだけはソロ・・・・だからか、キュヒョン達と一緒の仕事してる時は笑顔も多いし楽しそうだし、実際楽しいんだと思いますけど、寂しそうな顔をする時もあるんです」

「寂しい顔・・・ですか?」

「えぇ、あ!でも、本人は寂しとか羨ましいとか、そういう事は何一つ言わないですけどね」


そう言いながらマネージャーさんはチラリとバックミラーに視線を向けて
少し申し訳なさそうな顔をしていた


「普段、口が達者で言いたい放題で我が儘に見えるかもしれないですけど、あぁ見えて真面目で俺たちに心配掛けないように結構、気も使ってるんです」


口が達者ってのは・・・まぁ、確かにそうだと思うが
あぁ見えて真面目、ってのはよく分からない

チャンミンは元から真面目だと思うが??他から見たらそうは見えないのか?
我が儘を言ってるように見えるんだろうか?

相変わらず人の目ってのは信用ならない上に、厄介だ

なのに、その人の目に大いに触れる仕事を選んでそれを職業としてる
ヒョンやチャンミン達は、なんで
思い込みも誤解もされ易いその職業を選んだだろうか?・・・謎だ

きっとあの大きな瞳で見ているチャンミンの世界は
俺が見ている世界とは違うんだろうな

と、あらぬ方向に考えが向いていたら
マネージャーさんが、あれ?えぇっと、なんの話してましたっけ?
と俺に視線を寄こした


「チャンミンが嬉しいとかなんとか・・」

「あぁ!そうそう!!ユノさんは歳も近いし、頼りにもなりますからね、あ!それに、デビューして初めてだと思いますよ!」

「なにがですか?」

「自分(チャンミン)と歳の近い人が常に傍にいる今の状況がです!だから、嬉しくて楽しいんだと思います」

「そう・・ですかね?」

「えぇ、そうですよ!!だって!ユノさんが起すと、すんなり起きるし寝起きもいいじゃないですか!」

「・・・・・・・・・・・・」


・・・・あれで、すんなり・・なのか?

声を掛けて肩を叩いて起しても、
1度や2度や3度じゃ絶対起きないのに・・あれですんなり・・・・
しかも、起してもムッと、ボーっとした顔をしてるあの寝起きが・・良い方って・・
今までどんなだったんだ??


「あーそれと・・これは本人には内緒ですけど・・」


何故か声のトーンを落として話し始めたマネージャーさんに、
体を少し倒して耳を傾けた


「本人は隠してるのかもしれないですけど・・・ユノさんが部屋に迎えに来ると、ゲームしてても食事中でも、ちゃんと反応するんですよ、クスクス...ホント、ユノさんがボディーガードで良かったです♪」

「・・・・・・・・・・・・」


ニコニコと嬉しそうなマネージャーさんは、だからチャンミンの事宜しくお願いします!
と・・俺に顔を向けて微笑んでいたが・・
・・・あー・・それって、どういう事だ?
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・いや、まさかな、それはさすがに無いだろ

チャンミンは巨乳が好きだと豪語してるし、
ヒチョルヒョンにちょっとチャンミンの事を聞いた時も
"可愛い子"が好きだと、面食いだと言ってたからな

うん、やっぱりそれは無いな

だとしたら・・なんで俺、気に入られてんだ????

・・・・ん?!・・・あぁ、もしかして
所謂"刷り込み"みたいなものか?

今まで近くに歳が近い人がいなくて、
寂しいと思っていた所に俺が現れたから・・・か?

・・・・そうかもしれないな、だからマネージャーさんも
"懐く"って言葉を使ったのかもしれない

俺は単に仕事で傍にいるだけであって、
別に仲良くなるつもりはないんだが・・・はぁ...これも仕事だからな、仕方ない・・・・





と・・・・
後日、マネージャーさんが韓国に帰るのと入れ替わるように
チャンミンの部屋で暮らす事になったんだが・・・・

数日経った今でも、この生活に慣れない・・・・

そもそも、他人と一緒に暮らした事のない上に
相手が友達だったらまだしも・・クライアントだってのが・・・気を抜けなくて
余計に疲れてしまっていた

そんな俺とは正反対にチャンミンは・・・


「ヒョン!何度言ったら分かるんですか?せめて飲み終わってから次のペットボトル開けて下さいよ!!ったくもう」

「・・・・すみません」

「あーもーー!!それも!」

「え?」

「いい加減、その話し方も疲れませんか?」


俺が淹れたコーヒーを飲みながらチラッと
上目遣いで見られていた


「いえ、仕事ですので・・・・」


とは言うものの・・正直ホントに疲れていた


「今のこの状況も仕事だって言うんですか?」

「はい」

「・・・・ふ~ん、じゃあヒョンはいつ気を休めるんですか?」


いつって、それは・・・・・寝てる時ぐらいか?


「ウチでも外でも仕事モードで・・・・・そんなんでちゃんとガードとか、出来るんですか?」


コーヒーを飲みながら、じーーっと、見据えられて・・
確かに、ちょっと・・いや、かなり疲れてるが・・・・それでも
仕事は仕事だ、やる事はしっかりやる!!!

疑う様な・・・その視線に・・・疲れていた所為もあってか


イラっとした


「・・・心配していただかなくて結構です、そろそろ出る時間ですので、支度して下さい」


そのまま、食べ終わった食器を持って立ち上がって
キッチンで、チャンミンの支度が終わるまで
イライラしたまま、洗い物をしていたら


「ヒョン・・あの、さっきのは・・・・」


いつの間にか隣に支度を終えたチャンミンが、困った様に眉を下げて
俯きながら立っていた

あぁ・・・なにやってんだ俺・・・はぁ...


「すみません、ホントに心配して頂かなくても大丈夫ですから」


年下でクライアントでもあるチャンミンに・・腹を立てるとか・・・
ホントに俺・・疲れてんな・・・はぁ...失敗した

シンクの淵に手を付いて、自分を情けなく思いながら
ガックリと項垂れて溜息を吐いた


「・・・ヒョンは・・・・」


ん?


「・・・僕は、ヒョンの迷惑にしかならないんですか?」

「え?」

「家に居る時ぐらいは、普通にしてても誰も怒りませんよ?」

「あ、いえ・・そういう事では・・」

「じゃあ、家に居る時ぐらい、せめてその口調止めて貰えませんか?」

「しかし、仕事ですので」

「僕が嫌だ!って言っても?」

「・・・・申し訳ないですが」


そう言いながら、ペコっと頭を下げてお断りをすると


「っ!!・・・もう少しぐらい打ち解けてくれてもいいじゃねーですか!!」


少し息を呑んだ後に、デカい声が上から降って来た


「それともヒョンは、僕が嫌いかっ?!お?!」

「チャンミン?」

「嫌いなのかって聞いてんですよ!!!」


嫌いか?って聞かれてもなーー・・・


「どうなんですか?!!ヒョン!!!」


ムッとしながら腕を組んで睨んでいるチャンミンに
困りながらも・・・聞いてみた


「それは、建前とかは抜きに・・・正直に答えるべきですか?」

「そうして下さい!!!」

「そうですか・・・・それなら・・返事は・・・"どうでもいい"です」

「・・・・・・・・・・・」


そう素直に返事をすると

あんぐりと口を開けたままのチャンミンが、その口をパクパクさえて

長い睫毛をバシバシと揺らしながら

何度も瞬きをして・・・固まってしまった


一応、ちゃんと"正直な答え"でいいのか?って聞いたんだけどな
・・・・やっぱり、言うべきじゃなかったか?

まぁでも、ホントの事だし
もしも万が一、億が一・・面倒な事になるような事があるなら
今ので予防も出来るだろう


「じゃあ、そろそろ行きましょうか?」

「・・・・・・・・・・あ、はい・・・」


いまだ少し、呆けた様な顔をしているチャンミンを連れて
その日はレコーディングに向かったんだが・・・

あれ??

なんか変だな?

何となくだが、チャンミンの調子が悪いような・・

なんかいつもと違う気がした










ポチ頂けると頑張れます!!


あわわわわわわっ・・
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ
ユノーーー!!ユノーーー!!!
なんて事を言ってんですか?!お?!
あぁ折角の同居だってのにーーー!!!
なんて事を・・・・・il||li_| ̄|○il||li
チャンミン・・ごめん・・・大丈夫かな??


明日?今日?!
チャンミン家族と会えるね!!!
ホント、お疲れ様!!!!
さて・・・そうなると、次はチャンミンが
どこに配属されるのか?
ってのが気になるよね~
どこなんだろうな~♪ドンヘ見たく
舞台に立って歌って踊ったりするのかな~
ってか!!!
制服じゃん!!!コスプレじゃん!!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ←チガウ
楽しみーーーーー♡


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

あはははwwwwwwww
「どーでもいい」ってwwww
チャンミンは“懐いてる”のにねぇ。
このジワジワ感、かなり好きかも♡

17日はチャミの姿が見られるかな?
ご家族みんなで会いに行かれるのかな?
チャミ、嬉しいやろうなぁ(⸝⸝˃̶͈ ૢ ૢ˂̶͈⸝⸝)
Girasolさんと同じくチャミの制服姿楽しみ♬
元々、踊る大捜査線とか警察モノのドラマ好きやし“警視庁24時”も好きやから、めっちゃ楽しみ♡
絶対めっちゃ似合うやろなぁ♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメお返事~

よいさん♪さーーーーん

こんばんわーー
コメありがっと!!!

ホントだよ!!!!
チャンミンは懐いててイイ感じだったのに
どうでもいいって・・・オイ!!ヽ(`Д´)ノプンプン
ジワジワ感ってか・・全然話が進まないwww
長くなりそうな・・イヤな予感wwwwwwww

ご家族と会えたかな?
きっと美味しいモノ食べてるんだろうな~www
で!!制服よ!制服!!!!
チャンミン・・
絶対似合うし!!カッコイイだろうし!!!
ホントに楽しみだよ~(。→ˇ艸←) ღღ
制服って・・やっぱり萌えるよねぇ~( ´´ิ∀´ิ` )ウヒヒヒ♡

コメお返事~

YU***さーーーーん

こんばんわーー
コメありがとぅ!!!

12月・・関係あるか?wwwwww
不整脈がおこそうな話ってwwwwwwwwwwwww
とりあえず
ユノを頑張ってカッコよく書くことを心がけるわwwwww

おっと?!!
嫁?!!マジか?!!!!wwwwwwwww
体・・もつんか?!←ソコ?!
ってか、嫁からも頼られとるんやなwwwww
けど・・問題は・・・
京さんか・・・・(;´゚Д゚)ゞ困ッタナ…
京さんは、2人の事、認められへんのか?それとも
人として幼馴染君がアカンのか?!

和解?!は、、、なんとなく無理そうやなwwwwwwwwwwwww

え?!ってか
娘っ子たちとも会っとるんか!!!
懐いてるね~それは、それで嬉しいね!!!

で?!
ぶった切りで終わっとるやんけ!!wwwwwwwwwww
続き!!
待ってるで!!!!!wwwwwwwwwww

コメお返事~

は*さーーーーーん

こんばんわぁ
コメありがっと!!!

言っちゃったよ・・・どうでもいいって・・
ったく、困ったねー・・
チャンミン・・凹んでるだろうなー・・
あぁこれ・・どうやって収拾しようかなwwwww←

ねーーー!!!!!!
( ´´ิ∀´ิ` )ウヒヒヒ制服楽しみぃぃぃい!!
そうだね!
ここまで姿が見れるとは、ちょっと
思ってなかったけど!
嬉しいね~で、情報追って、お話し書いて
・・・・そんなこんなしてたら
2年・・ホントにあっという間な気がするwwwwwww

コメお返事~

m***さーーーーーん

お久し振りーーー!!こんばんわぁーー
コメありがとうね!!!!

お話し、読んでてくれたのね♪アリガット!!

今回の小話、楽しんで頂けてるようで
良かったですヽ(o´3`o)ノ♡
ツンデレチャンミンって・・激しく悶えるよね~( ´´ิ∀´ิ` )ウヒヒヒ♡
堪らん、好物です♡
うん、私もリアルの2人も
護り護られだと思うんです!!!(*´∀`*)
あの関係性が凄く好き♡

で・・ユノがねーーwwwwwww
何気に困ったちゃんwwwwwwwwwwwwwwwww
これから、どうなるか・・不安ですが←
楽しくなるように頑張ってみます!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

コメお返事~

l***さーーーーーん

こんばんわぁぁぁあ
コメthank you☆

今回のユノ・・・何気にクセのある性格っぽいwwwww
正直なのは・・いい事だろうけど
それは言ったら駄目だろ?!wwwwwwwwwwww
あははははっ!!
チャンミン、めり込んでるかもしれないwwwww
ホント、どうするつもりなんだろうか・・ユノ←

コトラは病院連れて行って帰って来ても・・
私には甘えてくれないんですwwwwwwwwww
旦那さんに激甘えてましたけどね( ´;ω;)
膝の上に?!乗ってくれるの?
あぁぁ可愛いなルナちゃん(*´∀`*)
コトラは・・膝に乗せた瞬間に
ダッシュで逃げます←
il||li(つд-。)il||liピドイ。。。。
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR