ひまわりの先に 拍手570000回記念『護り護られ好き嫌い14』
fc2ブログ

拍手570000回記念『護り護られ好き嫌い14』

『護り護られ好き嫌い14_C.side』












あー・・えぇっと・・・・・なんだ?
・・結局・・あれはどういう意味だったんだ????





「じゃあ、ヒョンが言ってる他の人ってのは、前にボディーガードをした人達の事?」

「あぁ」

「その人達と僕を同じだと思った?」

「あぁ」

「・・・・なにが、どう同じなんですか??」


首を傾げながら訊くとヒョンは・・・
少し眉間に皺を寄せて・・・言いたく無さそうな顔をした


「・・・ヒョン??」

「いや、うん・・・チャンミンは違う、同じじゃない」

「なにがですか?」

「チャンミンは巨乳で美人が好きだろ?」



はい???



「・・・・突然、何を言いってんですか?」

「チャンミンの好みの話」


突拍子のない話題を出されて、何を言ってんだ?と、
僕をからかって、話題を摩り替える気なのか?と思ったけど・・
ヒョンは至って真面目な顔をしていた

話に脈略がない気がするけど・・・違うのかな?


「・・・・えぇ、まぁそうですけど?」

「うん、やっぱり同じじゃない、なのに俺は・・変に勘ぐって、そうかもしれないと勘違いして釘刺した」


僕が質問した事に、ちゃんと答えてくれてる・・・けど
大事な部分は避けて話してるような気がする

その部分が・・凄く・・もの凄く!!!気になるけど
・・・折角、ちょっと仲良くなれそうな雰囲気だったから
言いたくないのを無理矢理聞くのは止めた方がいいと考え直していた


「なー、チャンミン?」

「なんですか?」

「チャンミンは人見知りなんだろ?」

「え?あー・・はい、そうですね」

「けど俺から見たらそんな風には見えないし、気のせいじゃなきゃ俺と仲良くなりたいって思ってるように見えるんだけど、違うか?」


どうって、そんなの何度も普通に接して欲しいって言ったし
僕なりに頑張って話し掛けもしてたんだけど?


「それ・・・・気のせいなんかじゃないです」

「・・・・・・そうか」

「・・・・・・・・・・・」


そうか・・・って?なに?

肘を膝について、両手を顔の前で合わせ親指に顎を乗せながら
ヒョンは・・眉間に皺を寄せて黙り込んでしまった


「ヒョンは・・」

「ん?」

「僕が仲良くなりたいって言ったら嫌ですか?」

「・・嫌ではないよ」


少し困ったように微笑まれたけど、その言い方・・引っかかる
嫌ではない、けど?ホントはどう思ってる?

ヒョンの本心が知りたくて、その顔をじーっと見据えていた


「・・・・・・・・・」

「チャンミン?」

「・・・・はい?」

「一つ、聞いてもいいか?」

「・・・・なんですか?」

「チャンミンのそれは、俺と友達になりたいとかって事なんだよな?」


は・・い??何を言ってるんだ????
そんなの・・・


「それ以外に意味なんかねーですよ」


当たり前の様にそう答えると、ヒョンは
うん、うん、と頷きながら、そうだよな!と1人で納得して
ほっとした様な、安心した様な顔をしていた


「それで?」

「え?」

「なってくれるんですか?友達」


覗き込みながらそう尋ねると


「必要か?」


と・・・よく分からない事を言った

友達になりたいのに、必要とか不要とかそんな事考えた事もないし
そんな風に人に聞かれた事も無かった


「・・必要って、なんですか?」

「ん?だからチャンミンが俺と友達になる必要があるのか?って」

「は??友達になるのに必要とか不要とか意味分かんねーですよ!」

「いや、チャンミンが俺と友達になる理由がないだろ?だから、なにか友達になる必要があるのかと」


なっ?!!


「あ、あのですね!ヒョン?」

「ん?」

「友達になるのに理由なんかないでしょ?!」

「あーまぁそうだけど・・」

「それともヒョンは、僕と友達になりたくなくてそんな意味の分かんないこと言ってんですか?!」

「なりたくないとかじゃないけど・・」

「けど、なんですか?」

「・・・・なるつもりがなかったから、ちょっと困ってる」

「は?!」

「俺がチャンミンの傍にいるのは、チャンミンを護るのが俺の仕事だからで、友達になる為に傍にいるワケじゃないだろ?それに、そもそも芸能人と友達とか・・・何をどうしたらいいかも分からない」


僕の事をどうでもいいとは思ってないと言われて、一気に気持ちが浮上したのに
今度は、友達になりたくない、って?!
僕の傍にいるのは仕事だからで、
僕と友達になるつもりはないって?!・・なんだよ、それ・・・

浮上していた気持ちを突き飛ばされて落とされた気分だった

けど

芸能人の友達がいないから付き合い方が分からないとか
・・・でも!!それならヒチョルヒョンは??


「ヒチョルヒョンとは親しいじゃないてますか?!」

「それは、ほら、ヒョンは俺の従兄で昔から知ってるから・・」

「でも、芸能人って事なら、僕とヒチョルヒョンは同じでしょーがっ!!」

「まぁ、うん、そうだけど」

「だったらいいじゃねーですか!!」

「いや、その・・」


こんなに食い下がってるのに、
相変わらず頑固なヒョンは、眉間に皺を寄せながら考え込んでいたけど
それでも首を縦に振らなかった・・

その困った様な顔をしてるヒョンを見て、
そんな顔をさせる程、なんでこんなに僕は意地になってるのか?
と冷静に考える僕がいる一方で
それでもやっぱり友達になれる可能性があるなら、
と諦めきれない僕がいた


「・・ヒョンが僕と友達になりたくないのは、僕が芸能人だからじゃないんじゃないんですか?」

「え?」

「どうでもいいワケじゃないとか言う割に、友達になりたいってのは断るんですか?」

「いや、チャンミン・・」

「悪かったとか思って謝って、態度を改めたとか言ってもヒョンは結局・・・・っ」


僕が嫌いなんじゃないか?


そう・・・言いたかったけど・・・言いたくなかった
前にそう言った時は、イライラした勢いだったし・・それに
その時は、別に『嫌いだ』と言われても
そんなにダメージもないだろうって思ってたから、だから言えた

でも・・全然違った

"どうでもいい"と言われて・・・ホントにショックで・・大ダメージで・・
もうそんな勇気、僕にはない

なぜか分からないけど、ヒョンの言葉は僕を本気で凹ませる
持ち直すのに時間も掛かった・・・
またあの時と同じ気持ちを味わうのかと思ったら・・・・

『嫌いですか?』

なんて、言えなくて・・・・でも聞かなくても・・・
今までのヒョンの態度と話を聞いていればなんとなく分かってた

ヒョンは仕事にクソ真面目だから
警護対象でクライアントでもある僕に、ホントはそう思ってたとしても
"嫌い"だとは言えないんだ

だから、嫌ではないとか・・・本心を隠したように・・・
大事な部分を避ける様な言い方をしてるんだと思った

はぁ....

僕は・・・ヒョンと友達になりたいけど・・・・ヒョンは?
結局のところ・・どうしたいんだろう?


「チャンミン?」

「・・・・・・・・・・はい」


ぐるぐると考え込んでいたら、僕を覗き込んでいたヒョンに
ポンッと頭を撫でられた

・・・・これも、どういうつもりでしてるんだろう?


「なりたくはないとは言ってないだろ?」

「・・・え?あぁ・・そうでしたね・・・・・・でも、なつるもり無いんでしょ?」


撫でられた頭をその手から避けるようにしながら
横目でヒョンを見ていた


「それも、違うよ」



え?



「俺は断るとは一言もいってないだろ?」




え?え?!!えぇええ?!!!!!




「じゃ、え?!・・じゃあ!!なってくれるんですか?!」

「ん?あぁ、でも・・・・」


やった!!!!!!!!!!!
と、思って浮かれたのは一瞬で、『でも・・・』と言われた
その次の言葉に身構えていた


「それ以上の事は無理だからな」

「??????」

「それでも良くて、俺でホントにいいってなら・・」




!!!!マジか!!!!





「いい!!いいです!!全然それでいい!!」


まさか、まさかの展開に
テンションが上がって、ヒョンの手を掴んでいたら


「そんなにか?」


と、不思議そうな顔をされて
恥ずかしくなって、掴んでいた手をパッと離した


「なっ!///べ、別に!!ってか!と、友達になってくれる気があるなら勿体付けるような事しないで下さいよ!!」

「そんな事したか?」

「したじゃねーですか!!ったく!!ホント、意味分かんねーですよ!!!!///」


勢いよく立ち上がって、恥ずかしくて熱くなった顔を逸らすと
どこ行くんだ?と、聞かれた


「お、お風呂ですよ!!」


そう言ってお風呂に行こうとしたら・・・

ぐぅぅぅううううううう

と、僕のお腹が思いっきり鳴ってヒョンに聞かれた

なっ!!
恥っ!!!!!//////


「あーはーはーはーはーっ!チャンミンはお腹の方が正直だな」

「う、煩いですよ!!///」


ドキッ....と一瞬、その豪華に笑うヒョンに心臓が跳ねたけど
多分これは、ヒョンがあんな風に笑ったのを
始めて見たからだ!!

そう思いながらお風呂に入ってシャワーを浴びていた

ってか・・・・ヒョンって、あんな風に
目を細めて、豪快に笑う人だったんだ・・・ってか、笑えるんだ

と、ヒョンの新たな一面を見れた事が嬉しくて
ニヤニヤと笑っていたけど・・・

ん??

あれ??そういえば・・
驚いてテンション上がってスルーしちゃったけど・・・さっき

あー・・えぇっと・・・・・なんだ?
・・結局・・あれはどういう意味だったんだ????


『それ以上の事は無理だからな』


って??
それ以上の事って・・・?なんだろうか????











ポチ頂けると頑張れます!!!!


おまけ
  ――お風呂上がりのチャンミン&ユノ――

ユノが言った言葉を頭の中で反芻して
考え込みながらガシガシと頭を拭いて
リビングに戻ってきたチャンミンが
ダイニングテーブルを見て立ち止った

チャミ『あ・・また、あの不格好なおにぎり・・・・』
ユノ「ん?風呂出たか?」
チャミ「え?あ、はい」
ユノ「あ、そうだ飯、それで良かったら食べていいからな」

と、その不格好なおにぎりを視線で示すユノに
チャンミンは、あれ?っと思った

チャミ「・・・あのー、ヒョン?」
ユノ「ん?」
チャミ「前に、何回か・・おにぎり作ってたのって・・・・僕にでしたか?」
ユノ「まぁ一応、そのつもりだったけど・・・あ、やっぱいらないか」

悪い、と言いながら
そのおにぎりを下げようとするユノの手から
チャンミンが慌てて奪い取っていた

チャミ「だ、誰も食べないとは言ってないでしょーがっ!!」
ユノ「でも、多分美味くないよ?」
チャミ「そ、それでも折角ですから食べますよ」

そう言ったチャンミンの頭を、そうか、とその横を通り過ぎながら
ポンポンっと撫でたユノの顔は少し嬉しそうな表情をしていた
が、その事にチャンミンは、おにぎりを凝視してて気付かず
そしてユノ自身も顔が緩んでいた事に気付いていなかった

チャンミンと入れ替わるようにユノがお風呂に入ってる間に
その不格好なおにぎりを食べたチャンミン

チャミ『・・・・・食べれなくはないけど・・ヒョン・・・料理下手かっ!!!』クスリ

部分部分によって、ちょっとしょっぱかったり
塩分がなかったりと・・見た目通りなおにぎりを
クスクスと笑いながら、チャンミンは全部平らげていた



はぁ..やっと前進したYOーー!!!
さぁ!!ここから!!
ここからは、ユノも頑張って!!!
じゃないと・・マジで先が見えないよこの話wwwwwwww


リアーール!!!!
ビギカレンダー゚+。:.゚(*゚Д゚*)キタコレ゚.:。+゚
で!!で!!!
赤クマもらしいねwwwwwwwww
ビジュアルは・・あのイベのビジュアルで
売るのかな?!(*´∀`*)

で!!ちょっと!!!
チャンミン!バックハグされとるサジンwwwwww
仲良さそうで良かったけど・・・
ユノが見たりしたら・・その子・・・大丈夫かな・・・
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル←

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっとちゃんと話せたね♪
それにしてもユノヒョン、えらい警戒してるww
これは過去にナニかが何度もあったのか⁉︎
それ以上の事は無理って言いながらも、だんだん我慢出来なくなっていくのはユノヒョンの方じゃないのぉ(΄◞ิ౪◟ิ‵)♡

チャンミンはぐるぐる考えながらも頑張ったね♪
引っかかる点はいくつかあるけどww、でも友達になれて良かった♬

ビギカレンダー発売されてよかった♡
赤クマさんも、きっと発売されるやろなぁって思てたからやっぱりって感じww
サイズ、どのくらいなのかなぁ?
ちっちゃいのだったら考えようかな(⸝⸝˃̶͈ ૢ ૢ˂̶͈⸝⸝)

コメお返事~

l***さーーーーーん

こんばんわーー
コメさんきゅっ!!!!

オオカミユノね・・・
ちゃんと更新したはずだったのに・・
なんでかね?wwwwwwww

そう!!迷路に迷い込みそうだったんだけど
どうにか踏みとどまってくれた←
とりま!
友達からだけど・・・頑張れ!ホミン!!!!


そうそう!!!
私も仕事だから置き餌NGとか無理で。。。
で、低カロリーの餌で
量を減らしたんだけど・・クアンの餌を
コトラが奪ってるっていうwwwwwwwwwwwww
で、そんなんだから
クアンが痩せるっていう・・マジ困ったよwwwwwwww
うちは体格も同じだからねー・・
なにか対策を練らなきゃ。。。
太る一方だよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
誰に似たんだか・・・?!私かっ?!!!

コメお返事~

YU***さーーーーーーーん

こんばんみ!
コメさんきゅっ!!!

いや・・そんな文才・・私にあると思ってか?!wwwww
無いわwwwwwwwwwwwwwww

マジでか?!まだ見てへんの?
まぁ・・・私も観るのにかなり時間掛かったしな・・・・
症候群・・何気に今そうやしwwwwwwwwwww←
ツベとかも昔のも見てへんわ・・・
けど、そんな事してる時間もないからな
今、激務やしwwwwwwwwwwwwww


えぇやん!!!靴!!
裏山やわ!!!!!
私なんか、なんも無いで!!wwwwwwwwww
有難く貰っとき!!!

なんだかんだ言っても、ちゃんと
考えてくれとるんやな~京さん!!!!(*´∀`*)
お返しは、あまり気にせん方がいいと思うで
自分の出来る範囲ですれば
えぇんのとちゃうか??

なーーなーーー・・・
マジで林君・・・
大丈夫なn?こんな年末に・・まさかやで・・・
辛いわ・・il||li_| ̄|○il||li

コメお返事~

は**さーーーーん

こんばんぴーーーー
コメありがっと!!!

歩み寄ったよ!!やっと。。。
でも、やっとなのにまだ友達っていうwwwwwwwwww
ここからは、ユノにね!
頑張って貰わないと・・進まんwwwwwwww

ねーーーー!!!
カレンダーー!!嬉しいぃぃぃぃいいい!!
楽しみだよーーー!!!!

え?!マジで?!!
痛くないの????Σ(゚口゚;マジか?!
テ、テープ・・剥がしたの?壁|д・)ソォーッ....
大丈夫だった????

うん!!!気を付ける!!!!
怪我したら・・治りにくいお年頃なのでwwwwwwwwwwwww

コメお返事~

よいさん♪さーーん

こんばんわぁ
コメありがとう!!!

やっとちゃんと話せて
どうにか友達にはなれたよwwwwwwwwww
そうね~
過去のお話しもドコかで出さないとだよねー・・
おふっ、我慢出来なくなるのは・・・
チャンミンか?!
それとも
ユノか?!どっちだろうね~(♥´艸`)ムフフ♡

カレンダー発売あって良かった!!!
ねーー赤くまさんwwwwww
発売だけどさー・・・大きさは?!
まさかのあの大きさのまま?!?!!?!
結構デカかったよね?wwwwwwwwwwwwww
プロフィール

Girasol

Author:Girasol
東方神起が大好きで、
ホミンが大好物!!!!!!
妄想が腐ってるのはデフォですwww

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しとります☆

FC2Blog Ranking

カウンター
現在のアクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR